1つで完了!そのキモとなる注目の美容成分とは!

ナチュラルメイクの女性の目元のアップ

オールインワンゲルを選ぶ上で欠かせない美容成分があります。

それは、セラミドです。

肌におけるセラミドの役割とは

セラミドは、肌表面に留まりバリア機能の役割を持つ「角質細胞間脂質」の一つで、わずか0.02mmほどと言われる非常に薄い表面の角質層で細胞と細胞のすき間を埋める役割を持っている保湿成分です。

肌表面において外部の刺激から肌を守り、内部から潤いが蒸発していくのを防ぐ役割を果たすセラミドは、私たちの身体でも表皮で作りだされる成分ですが、年齢とともに生産量が減少していきます。

年齢とともにカサつきやすくなったり、肌トラブルが引き起こしやすくなる原因の一つは、セラミドの減少とも言えます。

図解。セラミドをはじめとする細胞間脂質は、他の美容成分と働きが違うから、バリア機能を高めて乾燥を防ぐために取り入れたい成分です。

この細胞間脂質には他に、スフィンゴ脂質やステアリン酸コレステロールなどありますが、
細胞間脂質の約40%を占めるのがセラミドで、最も保湿力が高いと言われています。

化粧品に配合されるセラミドの種類について

セラミド配合の化粧品自体は最近では数多く出回っていますが、
ひと口にセラミドと言っても化粧品に配合されるものには

『天然セラミド』のほか、「植物由来」のものや酵母から作られる「ヒト型セラミド」と言われるもの、最も安価な「合成セラミド」など種類があります。

化粧品に配合されるセラミドの種類

● 天然セラミド『成分表示 – セレブロシド・ビオセラミド』など
…馬由来のものが一般的で全てのセラミドを含有される高級セラミド。肌との相性も良い。

→天然セラミド配合のオールインワン。リダーマラボモイストゲルプラスの特徴

● 植物セラミド『成分表示 – グルコシルセラミド・コメヌカスフィンゴ糖物質』など
…コメや大豆、こんにゃくなど植物由来のものは天然に比べ大量生産出来るので比較的安価。

→瞬間リフトでハリUP!グルコシルセラミド配合フィトリフトの特徴

● バイオセラミド『成分表示 – セラミド1・セラミド3…』主に番号が付いたものなど
…酵母から作ったヒト型セラミド。構造は人間の肌と同じで、天然セラミドに負けない保湿力があり安全性も高い。

● 合成セラミド『成分表示 – セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド』など…
…科学的に合成して作られた擬似セラミド。セラミドが入っていても成分表に上記のセラミドの表記のない安価な化粧品にはほとんどの場合、合成セラミドが配合されています。

人間の皮膚には約7種類のセラミドが存在することが現在分かっており、化粧品を選ぶ際にも人間の肌に近いものを選ぶことが大切と言えます。

人間の肌に近いセラミドとは

中でも、人間の肌に近く7種類全てのセラミドが含有しているのが『天然セラミド』です。

高級成分で、オールインワン化粧品はもちろん単品の保湿化粧品でも配合されているのは数少ないですが、オールインワンゲルではモイストゲルプラスに配合されています。

その他、酵母にから作られたヒト型セラミドでは、
保水力に優れているとされているのがセラミド1、セラミド2、セラミド3、です。

この3種類、またはいずれかが入っているものを選ぶのが好ましいです。

化粧品の全成分表示にもセラミド1、セラミド2、セラミド3、記載されていますから確認して判断基準のひとつに加えてみて下さい。

また、セラミドは化粧品に配合される美容成分としては高価なほうで、
価格帯では一般的に3,000円以上が目安と言われています。

それ以下のものは、合成セラミドである可能性が高いと言えるでしょう。

関連特集