ストレピア ゲルローションとマウスウォッシュを使ってみました。

ストレピア

ストレピアシリーズのオールインワン化粧品のゲルローションと、洗顔とクレンジングができるマウスウォッシュをじっくり使ってみました。

写真と共に使用感をご紹介する口コミレビューと一緒に、成分や添加物の有無など優しさや期待できる効果、またどんな方におすすめなのか。
またはおすすめできない化粧品なのか。

ストレピア ゲルローションとマウスウォッシュを他のオールインワンとの違いや特徴を評価します。

これまで50個以上のオールインワンゲルを使ってきて成分も一緒に見ていきますので参考にして頂ければと思います。

ストレピアってどんなオールインワン化粧品?

若返り成分HSPを配合したオールインワンゲルで、保湿にプラスしてシワやシミのもとにアプローチすることにも特化しています。

1本3役で天然ゲルがじんわり溶け込み、老化ダメージを断ち切る深層保湿ができるということなので、ハリ、弾力肌へと導いてくれるでしょう。

開発者は50代女性

開発者が50代女性で、年齢肌に焦点をあてたオールインワン化粧品です。

上記のインスタグラムの写真は開発者で社長の佐上さんです。


50代だそうです。
開発者のお肌がキレイだと説得力がありますね。

ストレピアゲルローションって優しい?

水(久米島海洋深層水由来)・BG・グリセリン・ソルビトール・プロパンジオール・1,2-ヘキサンジオール・ペンチレングリコール・酵母エキス・サトウカエデ樹液,・フランスカイガンショウ樹皮エキス・ネムノキ樹皮エキス・キハダ樹皮エキス・アーチチョーク葉エキス・クダモノトケイソウ果皮エキス・ウコン根エキス・ツルレイシ果実エキス・オルトシホンスタミネウスエキス・カッパフィカスアルバレジエキス・カンゾウ根エキス・アロエベラ葉エキス・グリチルリチン酸2K・アラントイン・グリコシルトレハロース・ニガリ・ベタイン・マンダリンオレンジ果皮油・加水分解水添デンプン・キサンタンガム・ジェランガム・カラギーナン・PEG-60水添ヒマシ油・フェノキシエタノール

植物エキスが豊富で成分も優しいといえます。

また、ベースの水は久米島海洋深層水を使用。

ミネラルが豊富な海洋深層水を使っているのも魅力です。

鉱物油・パラベン・石油系油脂・旧表示指定成分・石油系界面活性剤・アルコール・合成香料・合成着色料
低刺激という点でも8つの無添加は基礎化粧品のやさしさレベルも他と比べて高いです。

ストレピアゲルローションにはどんな美肌効果があるの?チェックしておきたい注目ポイント

ストレピアゲルローションには、どんな美肌効果やエイジング効果が期待できるのか、主な特徴を見てみましょう。
「若返りタンパク質」呼ばれるHSP配合
ヒートショックプロテインHSP含有酵母エキス

HPS(ヒートショックプロテイン)という独自の酵母エキスが、他にはないストレピアの注目ポイントになります。

HPSはコラーゲンの量を増やし質を高める働きや、抗炎症作用をもち紫外線によるダメージから肌を守る働きがあり、肌本来のエイジング機能をサポートする働きがある成分。

天然樹液&樹皮エキスが美肌作りをサポート

抗菌作用や引き締め作用、免疫力の向上や紫外線による炎症など肌の健康を守る働きのある天然エキスが複数配合されています。

年齢肌の悩みの根源に効果的にアプローチするためにHSP酵母との相乗効果でブレンドだそう。

過去と現在、そして未来の3つダメージにアプローチ
過去→現在→未来

蓄積したダメージを取り除きながら、肌ストレスや老化とたたかう根本のチカラに働きかけて、おとろえたエイジングケア機能を呼びさましてくれます。

負のスパイラルを断ち切る3段階のアプローチを目的としたエイジングケアが特徴。

ストレピアゲルローションならバランスの良いケアができる?

HSPが十分にある肌とHSPが少ない肌

ストレピアゲルローションは、化粧水、乳液、保湿液の1本3役

うるおいを与えるだけでなく、ダメージケアにまでアプローチしてくれる成分も魅力なので年齢肌のためのオールインワンといえます。

また、ストレピアのマウスウォッシュもセットで使えるお得な定期コースもあります。

マウスウォッシュはクレンジング・洗顔・パックが一つでできる1本3役。

そしてマウスウォッシュにも「若返りタンパク質」呼ばれるHSPが配合されていて洗顔と保湿の2本でエイジングケアができるのも魅力です。

保湿化粧品だけでももちろん良いですが、洗顔とセットで使うメリットの感じられる商品ですね。

リストレピア ゲルローション&マウスウォッシュの口コミ体験レビュー

購入したストレピアゲルローションとマウスウォッシュ
ストレピアゲルローションと、マウスウォッシュも一緒に使いましたので合わせて使用感や感想を順にご紹介したいと思います。

ストレピア ゲルローション

ストレピアゲルローションのボトル

容器はプッシュ式のボトルタイプ。
30gです。

ストレピアゲルローションを手のひらに1プッシュ出している写真

ほぼ無色透明なやわらかいテクスチャ。

オレンジのような柑橘系の香りがほのかにします。

ストレピアゲルローションを肌に馴染ませている写真

伸びが良いです。

「ゲルローション」というだけあってゲルとローションの中間のようなトロみでやわらかいので塗り心地も良いです。

肌馴染みも良いのでベタベタせず、ほど良いモチモチ感。

肌が柔らかく仕上がります。

少量で十分カバーできるのも良いです。

ストレピア マウスウォッシュ

続いて、クレンジングにも洗顔にも使えるマウスウォッシュです。

ストレピアマウスウォッシュのボトル

こちらもプッシュ式のボトルタイプです。
どちらも1本約1ヵ月分。

ストレピアマウスウォッシュをメイクを施した肌に乗せている写真

ゆるいゲル状のテクスチャ。
吸着力にすぐれた海泥やツヤ力を高めてくれる植物エキスが入っていて、色はちょっと緑かかっています。

香りも柑橘系でゲルローションと匂いです。

まず、クレンジングとして使ってみた感想ですが、

テクスチャが柔らかいので、伸びもよくメイク馴染みも良いです。

ストレピアマウスウォッシュでメイクを浮かせている写真

ウォータープルーフじゃないものはスルンと落としてくれます。

ラメ感の強いものは少し苦手かなという印象。

ストレピアマウスウォッシュで洗い終えた肌の写真

洗い上がりはベタつかず、うるおいも感じられるほどモッチリした感じの洗い上がりです。

続いて、洗顔料として使った場合です。

ストレピアマウスウォッシュの泡

少し水を含ませて泡ができます。

泡立てネットを使うとモコモコの泡ができるので、実際はネットで泡立てて使いました。

泡がしっかり吸着している感覚もあって、洗顔としても十分満足できる使い心地。

洗い上がりはクレンジングのときと違って、サッパリした感じの仕上がりでした。

ストレピアの総合評価

オールインワンのゲルローションは、伸びもすごく良くて浸透力もあり、ベタつかず程よいモチモチ感があり仕上がりは自然な感じ。

ゲルローションというだけあり、テクスチャはローションとゲルの中間という感じで液ダレすることなく使えるのも良い点でした。

また、量的に1ヶ月大丈夫かなという心配もありましたが、1回1~2プッシュで済むので十分な感じでした。

そして、クレンジングでも洗顔料でも両方使えるマウスウォッシュは、「どっちもちゃんと洗えるの?」と正直いうと最初は半信半疑でしたが、クレンジングで使ったときはツッパリ感もなくモッチリした感じの洗い上がりでしたし、洗顔として泡立てて使ったときは、きめ細かい泡で吸着力に優れた海泥も配合されているおかげかクレンジングで使用したときとは違い、サッパリした洗い上がりで、1本で使い分けているのに不思議な感覚でした。

ストレピアは、このような方におすすめ

  • 40代、50代、60代以上におすすめのアイテムといえます。

単にコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分だけでなく、エイジングケアに特化した化粧品ですので、まだ肌が自らうるおうチカラがまだそれほどおとろえていない20代にはおすすめしません。

30代後半あたりから使ってみても良いかもです。

マウスウォッシュとラインで使うのがおすすめ

じっくり試した率直な感想を申しますと、
ラインで使うのが良いと思いました。

ストレピアの目玉であるHPS(ヒートショックプロテイン)や相乗効果が見込める天然樹皮や樹液エキスは、ゲルローションとマウスウォッシュのどちらにも配合されています。

保湿の前のクレンジング・洗顔は良くも悪くも洗ったあとの保湿に影響をあたえます。

ゲルローションの効果を高めるためにも、マウスウォッシュと一緒に試してみることをおすすめしますよ。

ストレピアの詳細・購入価格などまとめ

定期価格 定期送料 容量
1,980円(1ヵ月分) 無料 ゲルローション30g
マウスウォッシュ50g
初回購入
公式キャンペーンサイトからの申し込みで、初回限定セットで67%OFF
※何回以上などの条件なし
2回目以降
2回目以降はセットで10%OFFの5,400円
1個で3つの機能
ゲルローション:化粧水・乳液・保湿液
マウスウォッシュ:洗顔・クレンジング・パック