アラフォーのスキンケアに取り入れたい成分

乾燥小じわを気にする女性

30代を迎え数年、アラフォーになってグッと老けたような気がする。。。

肌にハリがなくなって小じわも深くなったような気がする。。。

基礎化粧品はどれを使ってもうるおい不足を感じる。。。


失礼な言い方になってしまっていたらすいません。

でも、少しずつ肌の変化を感じていませんか?

実は、肌の変化を敏感に感じ取っているなら素晴らしいことです。
適切な対策を始められるからです。

年齢による肌の水分量と油分量の変化グラフ

20代と違って、30代・40代になると肌の水分量も油分量も著しく低下していきますから、実年齢以上に老け込まない為にはスキンケアも“質”にこだわっていく必要があります。

こちらでは、30代後半から40代前半のアラフォーと呼ばれる世代が注目すべき、肌のハリとツヤを保つ為のスキンケアを紹介していきますので参考になる点があれば嬉しいです。

30代後半を迎えたら抑えておきたいスキンケア3つのポイント

ご存知と思いますが、スキンケアの基本となる保湿について少しおさらいしておきましょう。
図解。アラフォースキンケア3つのポイント
3つのポイントが大切になります。
保湿成分

これはコラーゲンやヒアルロン酸などの女性なら誰もが注目する成分です。

私たち人間が自ら作り出すうるおい成分(コラーゲンやヒアルロン酸など)自体が減少していきます。

これらは肌に弾力をもたらす成分なので、不足するとシワやたるみ、シミの原因になります。

また、十分に潤った状態を保つことでターンオーバーを促進する働きもありますから、若々しいハリのある肌を保つ為にも必須です。

バリア成分

肌の一番表側で細胞と細胞のすき間を埋める成分が、細胞間脂質という脂質です。
脂分です。

代表的なのがセラミドです。
セラミドは細胞間脂質の約60%を占めます。

セラミドやスフィンゴ脂質などが減少すると、細胞と細胞の間に隙間が生まれて外部の刺激に弱くなったり、うるおいが逃げやすくなって保湿してもすぐに乾燥してしまうという状態になってしまいます。

紫外線対策

紫外線対策もおろそかにしてはいけません。

あなたも紫外線を浴びやすい腕や顔より、お尻や胸の方が肌が若々しくありませんか?

紫外線はシミの原因になるのはよく知られていますが、乾燥の原因にもなり老化の原因にもなりますから、日焼け止めクリームやUV機能のあるファンデなどで紫外線対策することは、5年後10年後の肌の事を考えたときに欠かすことの出来ないケアと言えるでしょう。

保水力を高めるカギを握るセラミドの働きについて

私たちが良く知るコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分は、肌の奥で働く弾力成分でうるおいをもたらしハリを与えてくれます。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸などの弾力成分は肌から蒸発してしまうと乾燥してしまいます。

水分の蒸発を防ぎ、キープ力を高めるセラミド。皮膚の約7割を占めるコラーゲン

蒸発しやすいうるおい成分を逃がさずに、
うるおいキープ力を高める働きをするのがセラミドです。

セラミドは、うるおいを逃がさないように働くだけでなく、
外部刺激から肌を守るバリア機能としての働きもあります。


このセラミドもアラフォー・アラフィフと年齢を重ねて減少していく成分の一つです。


基礎化粧品を選ぶ際は、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどの保湿成分に加えてセラミドを配合した保湿化粧品を選びましょう。

セラミド重視で選ぶオールインワンランキングいま注目の11選!

ズバリ!セラミド配合化粧品の選び方

セラミドとひとくちに言っても、合成セラミドや植物系のものなど種類は様々です。


最も理想的なのが『天然セラミド』ですが、高価なのがネック。

ただ、最近ではモイストゲルプラスに、馬由来の天然セラミド(セレブロシド)が配合されていますので、5,000円(100g)以下で使えるのは相当手頃になりました。


他には、植物性セラミドや酵母から作られた『ヒト型セラミド』がおすすめです。

見分け方は、成分表にセラミド1、セラミド2、セラミド3~セラミド6のように記載されています。


ヒト型セラミドは、1~6、6(2)まで7種類あり基礎化粧品に多く用いられているのは1、3、6です。

高級美容成分であるセラミドは、安価な化粧品であれば合成セラミドの場合が多いです。

価格帯の目安となるのは3,000円以上と言われていますので、3,000円を基準に選ぶことをおすすめします。

年齢別オールインワン化粧品特集

セラミドはオールインワン化粧品でもいいの?

基礎化粧品はやっぱりラインでそろえて手間をかけなきゃいけないんじゃない?

そのように感じてしまう方も少なくないと思います。

しかし、化粧品の仕組みって
昔とは変わっているので、働きの違う美容成分を一緒に与えても良いのです。

確かに以前は
水分を与えて、油分で閉じ込める
という仕組みでした。

今はセラミドをはじめとした人間の肌がもともと持っている脂質を与えるのでオールインワンひとつでもOKです。

  • どうしても乾燥が気になる
  • もっと潤いがほしい

という方は、化粧水を使ってからオールインワン化粧品を使う方法もおすすめです。

ラインで使うより経済的です。

また、アラフォーは品質の悪い化粧品は避けたいですからね。
質を高めながら費用面も抑えやすいのがオールインワン化粧品です。

セラミド重視で選ぶオールインワンランキングいま注目の11選!