何を使っても潤わない!超乾燥肌の保湿化粧品選び

鏡を見て肌のカサつきを気にする女性

「最近、何を使ってもいまいち潤わない…」
「いつもすぐ乾燥してしまうから、このままだとシワやくすみが心配><」
「やっぱり、ある程度お金を掛けないとダメなのかな…」

どの保湿化粧品を使っても…、
いくらお金を掛けても全然潤わない><

30代半ばあたりから、肌の水分量の低下は加速していきますので、アラフォー世代やアラフィフ世代の方は特にこのように感じる方が多いですよね。
そうですよね。
でも「やっぱり年齢だから仕方ないかなぁ」とあきらめる必要はありませんよ。
こちらで原因を探して改善していきましょう。

スキンケアを根本的に見直すと少しずつ改善を実感できると思いますので「何を使っても潤わない!」とお悩みの方に、乾燥肌の基礎化粧品選びとスキンケアについてご紹介していきますね。

ヒアルロン酸やコラーゲンだけではダメ!うるおいが逃げていく肌

テーブルにうつ伏せて考え込む女性

ヒアルロン酸やコラーゲンといったうるおい成分は、年齢とともに減っていきます。

ただ、これらうるおい成分は肌に弾力を与える成分でもあるので、乾燥するとハリも失いやすくなります。

年齢による肌の水分量と油分量の変化グラフ

また、30代、40代、50代と歳を重ねるにつれて、水分だけでなく脂分も減少していきます。

乾燥しやすい肌、年齢を重ねた肌ほど、保湿化粧品は質とバランスが大事になってきます。

「うるおい」+「肌バリア」でうるおいを逃がさない保湿が大切

皮膚は表皮・真皮・皮下組織に分けられます。

皮膚の外側に当たる“表皮”の部分は「肌バリア」とか「バリア機能」と表されることがあるように、

  • 紫外線やホコリなどの外部刺激から肌を守る
  • うるおいを閉じ込めて乾燥を防ぐ

役割を持っています。

皮膚断面と表皮の構造を示すイメージ画像。表皮の厚さは約0.02mm。肌を乾燥と刺激から守るバリアの役割

うるおいの元となるヒアルロン酸やコラーゲンなどの弾力成分で与えても、乾燥しやすい原因は脂質が不足して、肌バリアが低下している事が原因。

また、表皮の一番表側で肌をコーティングしている皮脂を、洗顔によって奪い過ぎるのもうるおいが逃げやすい原因です。
洗顔やクレンジングして突っ張ったりヒリヒリするまで洗っているなら注意が必要です!

潤いを皮膚の中に閉じ込めてい置くためには「皮脂」や「セラミド」などの脂分が大事なんですね。
乾燥しやすかったり、肌が荒れやすい敏感肌はセラミドが不足している傾向にあるということがわかってますよ。
では、セラミドが不足するとなぜうるおいが逃げていくのかもう少し詳しくご紹介しますね。

セラミド不足が乾燥を招く理由

角質が乱れた肌と健康な肌のイメージ
肌の断面図で見てみるとわかりやすいと思います。

セラミドは、表皮の表側に存在する細胞と細胞のすき間を埋める「細胞間脂質」という脂質の一種でセラミドのほか、スフィンゴ脂質やステアリン酸コレステロールなどの成分から成り立っています。

なかでも細胞間脂質の約40%を占めているセラミドは水分キープ力が高く、温度が下がってもその働きは変わらないと言われています。

セラミドも他の成分同様、新陳代謝によって作り出されますが年齢とともに減少していきます。

特に乾燥肌、敏感肌、アトピーの方は、セラミド不足の傾向にあることが分かっていますので、特に30代、40代以降の肌にはセラミド配合の化粧品で積極的に質の良いセラミド補給が必須になってきます。

ハリ・ツヤのある肌を目指すなら3つのポイントを抑えて選びたい!

  • ヒアルロン酸やコラーゲン
  • セラミド

大きく分けて2種類の美容成分の働きをご紹介しました。

乾燥を防ぎ、若々しい肌を目指すならもう一つ抑えておきたい成分をご紹介します。

それは、アミノ酸です。

アミノ酸はカラダを構成するたんぱく質の主成分で20種類から構成しているといわれています。

肌断面図と表皮における細胞間脂質とNMF(天然保湿因子)を示すイメージ図。肌を乾燥するバリアの役割

アミノ酸を含む天然保湿因子(NMF)は、角質細胞の中にあり水分のキープ力をもつ物質で、この天然保湿因子の中の約4割を占めるのがアミノ酸と言われています。

天然保湿因子とは
Natural Moisturizing Factor(ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)のことで頭文字をとって『NMF』と略される事もあります。
  • ヒアルロン酸コラーゲンをはじめとした保湿成分
  • 細胞間脂質であるセラミドなど
  • NMFのアミノ酸

保湿化粧品を選ぶ際は、この3つに着目して選ぶのがアンチエイジングを効果的にする要素と言えるでしょう。

セラミド重視で選ぶオールインワンランキングいま注目の11選!

保湿し過ぎが、〝うるおわない”肌にしてしまっている

バツ印
ここで突然、保湿し過ぎが良くないってどういうことですか?
ここまで、肌がうるおう仕組みや大切なポイントをご紹介してきましたが、ここで全く逆の話をさせて頂きます。

あなたは、毎日念入りにしっかり保湿していますか?

実は、これまでしっかり保湿してきたことが、うるおわない肌を作ってしまったかもしれません!
肌断面図。新陳代謝で細胞の生まれ変わりが繰り返されている

肌のうるおいって体内で作られています。
ただ、年齢を重ねるほどうるおいを作る力がおとろえていきます。

なので、年齢を重ねるほど保湿化粧品の質が問われてきます。

しかし、「保湿し過ぎ」は良くありません。

与えすぎると「うるおいを作らなくても潤っている」という状態になるからです。

肌自体が代謝によって潤いを作らなくても、すでに潤っている状態にしてしまうことは肌を甘やかすことに繋がります。

甘やかし過ぎは良くないってことなんですね。
ヒアルロン酸もコラーゲンもアミノ酸もセラミドも、私たちの体内で作りだされている成分です。
なので、保湿化粧品で与えすぎると肌自らが作り出すことをサボってしまうことに繋がる恐れがあるということです。
肌が頑張らなくても 「与えてくれるんでしょ」という風になってしまうってことなんですね。
それどころか「何を使っても潤わない」と感じているなら、肌がどんどんサボって「もっとちょうだい!」と言っているのかもしれませんね。

私たちの肌が持つうるおいを作り出す力を奪わないように、保湿はほどほどに。

保湿化粧品は「不足しがちな成分を補う。
という目的ですので、今まで熱心に保湿ケアしてきた方は、少し発想の転換をしてみることも大事かもしれませんね。

保湿し過ぎると肌ってどうなる?

2018.11.14

保湿は化粧水だけ…という方は見直しを

化粧水は水分が中心に構成されているので、基本的にセラミドやNMFなどの脂分は入っていません。
したがって、化粧水をつけたらバリア成分が配合されている美容液や乳液、クリームで潤いを閉じ込めてあげる必要があります。

対して、オールインワンゲルは水分と脂分が1本に含まれているので、ワンステップで完了するのです。

これは、どちらが良い悪いと言うわけでなく、
仕上がりの保湿感の好みや考え方は人それぞれでしょう。

通常の基礎化粧品はライン使いが基本。対して潤す・守るが一つのオールインワンジェル

ただ、覚えておきたい事は、
ラインで使う化粧品はラインで使うべき。ということです。


水分だけだと蒸発していきますし、蒸発するときに与えた分以上にうるおいが逃げていきます。

水分と脂分の両方を与えてあげて、うるおいが長続きする肌作りが30代、40代と年齢が増すほど老化予防には大切と言えます。

化粧水しか使ってないならオールインワンに変えるべき

2015.01.14

与えるのと同時に、「奪い過ぎない」スキンケアも大切。

奪い過ぎないスキンケアってどういうことですか?
洗顔によって洗い流してしまう皮脂も、うるおいを守る役目をしています。
特にクレンジングは洗浄力が強過ぎるものは、皮脂を奪い過ぎて肌表面をカッサカサにしてしまいます。

うるおいを守るうえで、見落としがちなのが「皮脂」です。

肌断面図と角層の皮脂膜・天然保湿因子・角質幹細胞脂質の位置を示す
皮膚の一番表面の皮脂膜を守ることで
保湿化粧品のうるおいキープ力を高め、ツヤのある素肌へと導きますよ。

ダブル洗顔不要で、洗浄成分も優しく保湿成分が入っているクレンジングは、すすいだ後の方がうるおいがあることをご存知ですか?

肌チェッカーを頬にあてて計測している写真

メイクを落とす前と後で、肌の水分・油分・弾力を計測するしてみると…

クレンジング前の肌チェッカーの結果
クレンジングした後の肌チェッカーの結果

質の良いクレンジングを使うと、このようにメイクOFFで潤いが保たれます。

あなたはメイクを落としたときや、朝洗顔したとき突っ張ったり、カサカサしたりしていませんか?

クレンジング・洗顔石鹸はバランスが大事

ゴワゴワ…ガサガサ…洗顔料は優しく落として整えるバランスが大事

特に肌への負担が大きいのは、メイクを落とさなければならないクレンジングです。

  • 肌を清潔にする
  • 洗い過ぎない

この2つのポイントが
肌の状態を良好に保つうえで欠かせません。

クレンジングや洗顔で皮脂を奪い過ぎてカッサカサになった状態で保湿しても、うるおいが逃げやすいということなんですね。
セラミドが不足しがちという話をしましたが、皮脂も分泌がおとろえていくので若いころと同じようにクレンジングを使っていたら、どんどん乾燥しやすくなっていきますよ。

皮脂は私達のカラダが作り出す天然のバリア成分でもありますから、
保湿化粧品で潤いを与える前に、洗顔・クレンジングで〝皮脂を取り過ぎない”ことも潤う素肌の土台作りに大切です。

メイクオフしながら毛穴もくすみもケア!オールインワン洗顔特集

ズバリ!ポイントは3つ

123
最後にまとめますね。
大切なポイントを順にお伝えします。

奪い過ぎない・刺激を与えない!(クレンジング・洗顔)

保湿ではなく洗顔料です!
お伝えしてきました通り、皮脂はうるおいを逃がさないようにし、紫外線など外的刺激から肌を守る役割をします。

スキンケアは「メイクを落とす」ことから始まります。
『洗い流すだけだから何でもイイんじゃない!?』
とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、『奪って与える』より『整えて与える』方が肌にとって優しいでしょう。

特に30代半ばから代謝も落ちてきて皮脂や油分の分泌も低下していきますので、洗顔料(特にメイクを落とすクレンジング)から見直すことをおすすめします。

オールインワン洗顔ランキング

水分と脂分の両方を与える!(保湿はセラミド重視のケア)

これもお伝えした通りですが、特に『保湿は化粧水だけで済ませている』という方はオールインワンゲルに変えることをおすすめします。

化粧水は水分のみですので蒸発しやすいです。
ラインで使うか、または水分も脂分も一つになったオールインワンゲルで、『うるおいを与えて』『うるおいを逃がさない』保湿が乾燥対策の基本です。

セラミド重視で選ぶオールインワンランキングいま注目の11選!

紫外線対策(UVケア)

紫外線は、肌を乾燥させますし老化の原因になります。

若いころは代謝も活発ですから、日焼け止めなどのUV対策をおろかにしていた方も多いでしょう。
しかし、年齢とともに代謝も衰えてきますから紫外線の影響が蓄積されて、乾燥だけでなくシミの原因にもなりやすくなります。

まとめ

少し長かったと思いますが、
最後までお読み頂きましてありがとうございます。
お伝えしたかったのは、適度にバランスが大事という事です。

スキンケアは保湿だけでなく、

  • 洗顔(クレンジングを含む)
  • 保湿
  • UV(紫外線対策)

大きく分けてこの3つがスキンケアです。

保湿化粧品だけ重点を置いても、クレンジングの刺激が強かったり、紫外線対策をしなければ、肌にとってマイナス要素が多いという事になるでしょう。
クレンジングで皮脂バランスを整え、保湿はセラミド重視。
UVケアも大事。ということですね。
そうですね。
どうしても与える(保湿)ことに目が行きがちですが、守る(洗顔とUVケア)ということも大事です。

また、無理して高価な化粧品を購入しても、結局続かなければまた超乾燥肌に逆戻りしてしまうでしょう。
〝無添加で肌に優しい”もので、無理なくコツコツ続けられるコスメを選ぶのがおすすめです。

私たちの肌は、自らうるおい成分を作り出しています。
内面からのケア(栄養など)と、クレンジングやUVなどバランスの良いスキンケアが肌の自活力を育むでしょう。

スキンケアを変えたら肌も変わってきますが、すぐには変わりません!
まずは2~3ヵ月続けてみて変化を少しでも実感できたら、あとはコツコツ続けていきましょう♪

セラミド重視で選ぶオールインワンランキングいま注目の11選!

無添加で選ぶオールインワンランキングと肌悩みのケアにおすすめを厳選