保湿化粧品を変えても効果ナシ?!化粧品の引き算

化粧品を変えても効果が感じられない?!化粧品を減らすという発想の転換

基礎化粧品とドライフラワーの写真

30代後半、または40代、50代など年齢的な節目に接して、
「今まで使っていた化粧品が、最近合わなくなってきた…」
または、
「化粧品を増やしているのに、ホントに効果あるの?!」

このように感じたりしていませんか?

化粧品をたくさん使うと、手間もかかるしちゃんとスキンケアできている気になりますが、実はそうでもないケースもあります。


今までの化粧品やスキンケアの方法に、もしも疑問を感じているなら、
化粧品を減らすという発想を持ってみてはいかがでしょうか。

たくさんの化粧品が肌を甘やかしているかもしれない

鏡を見て顔のシミやたるみを気にする女性

あなたは普段どんな化粧品を使っていますか?

きちんと効果は現れていますか?

もし良さを実感できていないなら化粧品を見直す必要があります。


肌は本来、自己再生能力を持っています。

しかし、たくさんの化粧品をあれやこれやと使って、肌を甘やかし過ぎると肌本来の再生能力を低下させてしまっている場合があります。

化粧品を一切使うなというわけではありませんよ。
もちろん、肌に不足しているものは補わなければいけません。ですが補い過ぎは肌を甘やかすことになっているかもしれません。

化粧品を使う際には、どれだけいいものを使うかではなく、自分の肌とゆっくり向き合って肌自身が持っている力や肌が必要としているものを見極めることが大切です。

無添加化粧品にこだわってますか?たくさん使うと刺激や負担も多くなる

普段毎日使う化粧品ですが、
基礎化粧品を選ぶときに「無添加」など気にして買っていますか?

添加物は石油やアルコールなどが原料になっている場合が多く、肌への刺激になることはご存知かと思います。

化粧品は毎日肌に塗り込むものですし、年齢を重ねるにつれターンオーバーも遅くなっていきます。

毎日の化粧品によるダメージの蓄積が肌ダメージや老化の一因となっていることは十分に考えられます。

化粧品は安価なものほど添加物が多くなる傾向にありますし、
安価なものをアレコレ使うことで、肌に塗り込む回数も多くなるわけです。

化粧品は与えるだけでなく添加物を減らすというこだわりも大事

化粧品は美容成分と一緒に刺激を与えている。イラスト解説

スキンケアといえば化粧品で肌質や目的にそって肌に美容成分を与えるのがいいと思われがちですが。
しかし、それだけではしっかりとスキンケアをできているとは言えないかもしれません。

いくら肌に良い美容成分を与えたとしても、化粧品に多くの添加物が含まれていては本当に肌に優しい化粧品とは言えず、添加物が肌にとって刺激となり負担の方が多くなっている恐れもあるわけです。

特に年齢を重ねると自己再生能力が落ちてくるので、刺激となる添加物を減らすことも考えていく必要があるでしょう。

ただ、
無添加にこだわると、化粧品の値段も高くなります。

余分なもの(添加物など)を極力避けて肌に必要なものを与える。
という発想を持つと、オールインワンゲルの選択肢もアリだと思いますよ♪

肌の若返りを目指すなら内面のケアも一緒に

肌を若返らせる、みずみずしいハリのある肌を取り戻すために、一生懸命外側のケアをしている人は多いですよね。
もちろん、それは大切なことですが、外側だけをケアするのにも限界があります。

外側だけをケアするのではなく、内側からのケアも一緒にしてあげることが大切。
内面のケアをしてあげることで、体調も優れますし、血行不良も予防できると、外側だけをケアするよりも早い段階で現れやすくなりますよ。

洗う回数を減らすと肌のバリア機能が改善する?!

洗顔する女性

夏場や汗の多い季節や脂性肌など、ベタつきのある肌だとすっきりさせるためにその度に洗ってしまったりしていませんか?

ベタつきは嫌ですし、何度も洗いたくなる気持ちはわかりますが、それでは返ってトラブルを招く結果になります。

皮脂を取ろうとするあまり、毎日必死になって洗顔していると肌がボロボロになり、バリア機能が低下して敏感肌になってしまう原因になります。
ですから、洗顔をする回数を減らすとバリア機能が復活し徐々に改善されていきます。

皮脂は古くなると皮膚の硬化や毛穴詰まり、くすみの原因に!
でも、新しい皮脂は肌を守る役割を果たします。

  • 化粧や汚れを落とせなくてもトラブルの元
  • 皮脂を奪い過ぎても乾燥やトラブルの元

スキンケアはメイクを落とすところから始まります。

クレンジングで、肌が自ら生み出す皮脂を守りバリア機能を大事にすると、保湿化粧品の浸透やキープ力の変化を実感できますよ。

関連特集

保湿はオールインワンで済ませると刺激や負担も減らせる

保湿化粧品といえば化粧水、乳液、クリーム、美容液といったライン使いで使用している人がたくさんいます。

その上、年齢を重ねるごとに増えてくる悩みに対し、目元クリームとかシミ用美容液とか沢山使用している人もいますよね。

確かに効果を考えるのならライン使いも良いですが、先ほど述べた通り、肌への負担や刺激を考えるならオールインワン化粧品もメリットは少なくないです。

添加物の刺激を減らす。
というメリットのほかにもう一つ。

それは肌に塗り込む摩擦の回数です。

ライン使いだと複数の化粧品を肌に塗り込むわけですから、それだけ肌をこする摩擦が生じます。
つける化粧品が多ければ多いほど摩擦を与える回数が多くなるわけです。

しかし、オールインワンはライン使いを1つにまとめてあるので、一つで済むのですから、肌への負担を最小限に抑えることができます。

オールインワンで化粧品の費用を抑えて浮いた費用はクレンジングと内面のケアに当てよう!

あれこれと化粧品を使うと逆に費用は高くついてしまいます。
ですが、オールインワンは1つ買えば良いので費用を抑えることができます。

また、目元用クリームですとかシミ用美容液など、ピンポイントで悩みをケアする化粧品を使うなら、なおさらベースとなる保湿化粧品はオールインワンにすると、お財布への負担も減らせます。

また、先ほども触れましたが、
肌バリアを育むためにも、クレンジングを見直してみることをおすすめします。

特に、メイクを落とした時に

  • 肌がカッサカサ
  • ツッパリ感を感じる
  • 保湿してもすぐに乾燥する
  • いつも肌がガサついてる

このように感じているなら、クレンジングから見直すのもおすすめです。


徹底ケア!オールインワン化粧品特集♪

しわ・たるみ・くすみケアのオールインワンゲルランキング
目じりの小ジワやたるんだ毛穴の引き締めなど、ハリ・ツヤを与えて若々しい透明感のある肌へと導くオールインワンゲル特集!子育てに追われている方や30代、40代以上の忙しく働く女性に。

シミ・そばかすケアのオールインワンゲルランキング
メイクで隠しきれなくなる前に!オールインワンゲルなら沢山の美容成分入っているからがシミやそばかすだけでなく、シワやくすみもケアできて慌しい毎日もお手入れに最適!

オールインワン洗顔特集
ダブル洗顔不要!肌に優しく角質ケアできて、うるおいを残してメイクを落とせる! 多機能な洗顔料が今人気です。
毛穴もくすみも、洗顔後のカサカサ肌にお悩みの方も必見♪


パーフェクトワン 単品販売促進 - 新日本製薬株式会社

 

side_box03_imgオールインワン洗顔特集!
洗顔とメイク落しがたった一つで完了!角質ケアもできる洗顔ランキング

side_box03_img大容量!人気オールインワン比較
大容量で使い勝手も人気のオールインワンゲルを使い比べて比較しました!

30代のオールインワンゲルランキング
40代のオールインワンゲルランキング
50代のオールインワンゲルランキング
60代のオールインワンゲルランキング

 


トップに戻る↑