消せるシワと消せないシワの種類

化粧品で消せるシワと消せないシワがある!間違ったケアはシワを深める原因に!

鏡で目じりのシワを確認する女性

早い人なら30代の前半や半ばくらいから気になり始める小じわ。

シワが目立ち始めたからと、慌ててシワに効きそうな化粧品を探し始める人もいますが、毎日欠かせない保湿は予防が目的ですから、シワが深くなる前からしっかり続けたいですよね。

こちらでは、シワの種類とシワを消すのに化粧品が効果的な段階と、化粧品では厳しいシワについてご紹介します。

シワには3種類あります。ちりめん、表情、真皮のシワの違いとは

シワには大きく分けて3種類あります。

  • ちりめんジワ
  • 表情ジワ
  • 真皮のシワ

です。

ちりめんジワは、
目元などによく見られる浅く細いシワ。いわゆる小ジワ。
これは主に乾燥が原因で起こるため、肌が潤いを持つと回復しやすいシワです。

表情ジワは、
顔の表情に合わせてできるシワ
表情が戻れば、見えなくなりますが、年を重ねるに従い深くなり、真皮のシワへと移行します。

一般的にいわれるのが真皮のシワ
自分で意識するのはこのシワがほとんど。

コラーゲンの変質で起こる真皮のシワ。コラーゲンの変質ってなに?

顎に人差し指を当て考え込む女性

真皮のシワは、真皮にあるコラーゲン繊維が変質することで起こります。

コラーゲン繊維が弾力を失うことで、今までは元に戻っていた表情ジワが徐々に元に戻らなくなり、深いシワになっていきます。

肌断面図。弾力を失うとシワも深くなる

イメージしやすいものでいうと衣類なんかと同じようなものです。

では、なぜコラーゲン繊維が変質してしまうのかというと主な原因は紫外線と加齢。

紫外線はコラーゲン繊維を硬く変質させコラーゲンを分解する酵素に作用するため、コラーゲン量を減少させるので、それにより弾力を失うだけでなく真皮を薄くしてしまいシワが作りやすい状態に。

また、年をとるにつれてコラーゲンの量が徐々に減少していきます。

エラスチン繊維も切れてバラバラになっていくため、壊れて皮膚のハリや弾力が失われていきます。
そこで必要になるのが紫外線対策とアンチエイジングです。

化粧品で与えるコラーゲン。ホントに意味ある?シワに効果的な化粧品の選び方とは

化粧品に含まれるコラーゲンは、保湿成分と考えてください。

とても肌なじみがよく保湿成分としては優れていますが、残念ながら減った分の真皮のコラーゲンを補ってくれるものではないんです。

コラーゲンは分子量が大きいため、真皮までは浸透しにくいからです。
分子量の小さいものがあったとしてたとえ浸透したとしても、自分のコラーゲンでないと定着しにくいという特徴もあります。

ですから化粧品のコラーゲンを角質内に定着させる目的ではなく、うるおいを補う目的で与え続ける必要があるわけです。
これは、トリートメントやコンディショナーで毛髪を一時的に補修するのと同じようなイメージになります。

化粧品は2種類のシワの段階で予防するのが目的

最初に、シワは下記の3つに大きく分類されますとお伝えしました。

  • ちりめんジワ
  • 表情ジワ
  • 真皮のシワ

深くなると真皮のシワになってしまいます。

こうなると化粧品でシワを消すのは難しくなります。

化粧品は予防が目的です。

ちりめんジワ表情ジワを予防していきましょう。

そのためには、毎日のスキンケアで

  • 肌に優しい成分を与える
  • 余計な刺激や負担となる添加物やゴシゴシ摩擦を減らす

この2つポイントに注目したケアを続けたいですね。

間違ったフェイシャルエクササイズ、表情筋を鍛えても皮膚は伸びない

シワ予防のフェイシャルエクササイズというものがあります。

これは、筋肉レベルのたるみには有効かもしれませんが、シワには逆効果になることがあります。
シワはあくまで皮膚の問題のため、筋肉ではないからです。

筋肉を鍛えても皮膚は伸びません。

顔のシワは、もともとが表情ジワですから、フェイシャルエクササイズで大きな表情をつくると余計シワになることがあります。

正しいフェイシャルエステとは?!皮膚を引っ張ってシワを伸ばすのは逆効果

中には皮膚を引っ張ってシワを伸ばそうとする人がいますが、これも余計に悪化してしまう原因になります。

笑ったあとなど、目尻にシワができてひっぱったり伸ばしたりしたくなる気持ちはわかりますし、その場は確かに伸びたように見えるかもしれませんが…。

しかし、すでに弾力を失っているコラーゲンはひっぱることで、よりダメージを受けます。
その結果、シワを徐々に深く、大きくしていくことになります。

そこで良いのが、口に挟んで使う市販のグッズや器具などを使ったトレーニングがおすすめ。

シワやたるみを予防する正しいフェイシャルエクササイズの方法と頻度。何歳から始めるべき?

では、エクササイズではなく、シワに効果的なフェイシャルエステとはどういったものか。
先ほどもお伝えしましたが、口にはさんでするエクササイズがおすすめ。

ふだんから表情に緊張感をもたせると、知らないうちに筋肉が鍛えられ、たるみ予防にもつながります。

舌ぐるぐる

1、口を閉じたまま、上顎を舌で前後になぞります。舌の奥の筋肉を使うイメージで。

2、頬も同様に舌を動かしながら押す。皮膚を伸ばすのではなく頬やアゴ周りの筋肉を鍛えるイメージで。

 

ペットボトル

1、500mlのペットボトルに少量の水を入れます。

2、唇だけでペットボトルの口をくわえて持ち上げ、10秒数えこれを3セット。

空のペットボトルから始めて徐々に量を増やしても◎。
慣れてきたらさらにペットボトルの水を増やしていきます。
ただしあごの関節に痛みが出てきたらすぐにやめてください。

 

マウスピース

1、マウスピースを唇の間にはさみ、口をいの形にします。

2、唇の横の筋肉に意識を集中し、ゆっくり縮めてうの形にします。

口先を突き出さないように繰り返します。
1日3分程度が目安です。

すべて頻度に制限はありません。
何歳から始めても大丈夫。
エイジングケアは早すぎることも遅すぎることもないので今からでも◎。

シワを予防する正しいスキンケア!内側と外側からのお手入れが大事

顔が下がってくるとシワになるから上げたほうが良いとよくいわれますが、実は下がるのではなく皮膚が弾力を失い、だらんとしているから重力に逆らえなくなっているんです。

ハリのある髪質の人は、重力に逆らって髪を立ち上げることができますが、ハリのない髪はどんなに持ち上げてもすぐに下がりますよね。
肌もそれと同じこと。

弾力のない皮膚をいくら持ち上げても意味がありません。

上に引き上げるのを意識して手入れをすべきといわれますが、これも科学的な根拠は乏しいです。

失った皮膚の弾力を取り戻すには、真皮にある繊維を健康的にするための身体の内側と外側からの積極的なお手入れがもっとも有効です。

やり過ぎは逆効果!?基礎化粧品選びのポイントと使い方。予防は習慣化するのが大事。

やり過ぎは逆効果というより、やり過ぎても基礎化粧品の効果の限界があるので意味がありません。

一般的に多い真皮のシワ。
対策法としては、コラーゲンの量を増やす作用のあるレチノールやビタミンC誘導体などを配合した化粧品を取り入れるといいですね。
これらはシワはもちろんたるみにも効果的。

【レチノール配合のオールインワン】
→リ・ダーマラボ モイストプラスゲル

それに加えUVカットを万全に行うことも重要です。
いずれにしても習慣づけることが大切になります。


徹底ケア!オールインワン化粧品特集♪

しわ・たるみ・くすみケアのオールインワンゲルランキング
目じりの小ジワやたるんだ毛穴の引き締めなど、ハリ・ツヤを与えて若々しい透明感のある肌へと導くオールインワンゲル特集!子育てに追われている方や30代、40代以上の忙しく働く女性に。

シミ・そばかすケアのオールインワンゲルランキング
メイクで隠しきれなくなる前に!オールインワンゲルなら沢山の美容成分入っているからがシミやそばかすだけでなく、シワやくすみもケアできて慌しい毎日もお手入れに最適!

オールインワン洗顔特集
ダブル洗顔不要!肌に優しく角質ケアできて、うるおいを残してメイクを落とせる! 多機能な洗顔料が今人気です。
毛穴もくすみも、洗顔後のカサカサ肌にお悩みの方も必見♪


side_box03_imgオールインワン洗顔特集!
洗顔とメイク落しがたった一つで完了!角質ケアもできる洗顔ランキング

side_box03_img大容量!人気オールインワン比較
大容量で使い勝手も人気のオールインワンゲルを使い比べて比較しました!

30代のオールインワンゲルランキング
40代のオールインワンゲルランキング
50代のオールインワンゲルランキング
60代のオールインワンゲルランキング

 


トップに戻る↑